AUD・JPY日足2020年2月


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

2月7日の朝です。日足では金曜日に《追い越せなかった理論》が成立し、売りエントリーを示唆していますが、SMA9MAとEMA9MAはゴールデンクロスしていて、SMA5MAとSMA9MAもゴールデンクロスしています。これでは売りエントリーに全幅の信頼は置けません。反転上昇も視野に入れる必要があります。

そこで4時間足を見ます。


1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

4時間足では完全に売り気配が色濃く出てます。SMA9MAとEMA9MAはデッドクロスしていて、SMA5MAはEMA9MAとデッドクロスして強い下降気配を見せています。

ロウソク足が2本連続で陽線ではありますが、MACD-2、OsMACD_Mのヒストグラムは共に弱気です。これなら直前の陽線の安値に逆指値売りを仕掛けて暴落待ちです。気になるところがあるとしたらウィリアムズ%とモーメンタムの同時上昇ですが。これだけ売り気配が濃いところでの買いエントリーは危険なのでしません。

買いエントリーは最低でも4時間足でSMA9MAとEMA9MAがゴールデンクロスして、SMA5MAの上に陽線が出てきた時なので、SMA5MAの下にロウソク足がある場合は売りエントリーにのみ目を付けます。

スキャルピングは、15分足の平均足の色に合わせてエントリーします。


みんなのFX

高値右側で平均足が陰線になった後は、1分足で反転下降を狙い、売りエントリーのみを狙います。逆に安値右側で平均足が陽線になった後は、1分足で反転上昇を狙い、買いエントリーのみを狙います。

こう言う基本さえ押さえておけば、FXで月間トータルで負けることはあり得ません。これは断言できます。如何に機械的に基本を押さえたトレードが出来るか。それが重要なんです。


初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール【DMM FX】

今週はちょっと乱高下するとは思ってました。日足で、はっきりとEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしていなかったので、反発上昇もありかと。

月曜日、先週の下降の勢いを活かして下降したが、ヨーロッパ、ニューヨークと開場すると反発上昇。

火曜日朝の時点で陽線となり、OsMACD_Mのヒストグラムが強気で連続しているときに、陽陰陽の追い越せなかった理論が成立した。日足的にはここで買いエントリーします。

火曜日、水曜日と陽線が続き、木曜日に日足に高値が付いたので、4時間足を注視し、平均足がカラスか陰線になると決済します。


MATRIX TRADER

木曜日に追い越しの陰線が出たので決済し、リスタート条件に当たらないので、木曜日はスルーしました。

問題は金曜日のエントリー。4時間足は上のチャートの通り、乱高下激しく勝ち負けが激しく。痛み分けの状態。

木曜日の陰線で、高値が切り下がって陰線になり、追い越せなかった理論は成立したものの、まだEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしていなかった。これでは売りも買いも妖しい。

追い越せなかった理論の成立を優先するが、大きな額を投資する気にはならず、半額投資。結局は逆走して戻ってきて、振出しに戻る。

週明けは、4時間足が安値が付いておらず、売り継続条件なので、売りエントリーをキープする。


松井証券MATSUI FX

今月は判断ミスが多い。1月に1分足スキャルピングをやった弊害だな。これやると結局、もうけが少なくなるし、後々調子を崩す原因になる。今回はそもそも売りを入れた時点で、EMA9MAが弱気になってなかった。あげくウィリアムズ%が横滑りから翌日上昇と、下げる気など全くなくちょっと違えば《ぶり上げたる!!》という状況だった。

火曜日の朝、それでも下降してきて利益になった。ウクライナ情勢もあり、行くだろうと思ったら、私の諭吉が逝った・・。あはは・・。

でも、水曜日(24日)は強気の陽線だし、よっしゃ、取り戻せるわ。と買いエントリー。出勤前までは勝っていた。ところが出勤後にウクライナ情勢で大暴落。まあ、これについてはどうせ戻ってくるので塩漬けして回収はしました。しかし、往復で捕れたのに惜しいことをしました。



今回のミスは日足に高値が付いたときに、直近の4時間足の陽線の安値に損切りポイントを置いた陽線に切り替えていなかったこと。レンジ圏ではボリンジャーバンド(Bands・MT4デフォルトのインディケーター)の+1σの上に出て高値を付けた場合には反転下降の可能性が高い。ましてや日足に高値が付いていたらなおさらである。しかも日足に高値が付いた場合は追い越して暴落というのも多いので、

1・直近の陽線の安値に損切り設定した買いエントリーに切り替える。

2・損切り位置に逆指値売りを仕掛ける。

という措置を取るのが正しい。これを怠ったがためにウクライナ情勢による暴落を利益にできなかった。また、レンジ圏の場合は、4時間足で安値ポイントの後で陽線になった場合、-1σ近くの陰線の後で陽線になった場合にウィリアムズ%の《Vライン》と買いの3点一致が重なれば上昇していく。きちんとした対処が出来ていれば、暴落をゲットして、値戻しもゲットできていたということになる。

1分足でAI相手にスキャルピングをやっていたら、最初はボロ勝ちするが、だんだん判断がぶれてきて、最終的には四時間足、日足の判断にまで支障をきたし、大きな損害を被ることになる。スキャルピングをやってたメイン口座は先月10万円の利益、今月11万円の損失だ。普通に追い越せなかった理論や9MAトレードをやってれば、普通に掛け金の2.5倍以上は利益になるので、30000x2.5で7万5千円は利益を積み増せていた。たぶんもっと多い。



レンジ圏で日足に高値が付いたら
1・反転下降による売りのチャンス

2・1時間でモーメンタムを見る。緑の矢印の所のように、1時間足の陽線が続いているのに、モーメンタムが下降していたら2・3時間後に売りエントリーのチャンス。

急落の元凶
1・1時間足に空爆・土筆線の高値が付く。

2・ウィリアムズ%が80の買われ過ぎラインを越えていて、《ヘの字》に折れる

3・モーメンタムはロウソク足の上昇を無視して0.00に向かって下降中

以上の条件が揃うと暴落なので、今後注意したい。



カテゴリー: 未分類 | コメントする

CDF・1月

12月のぼろ儲けから一転・・・。

岸田とバイデンのグダグダが・・・。めっちゃ響いた(涙)

まあ、どうせ戻ってくるから問題ないって思ってた。しかし、戻ってこない。このくそボケどもオミクロンを理由に経済活動を麻痺させて、コロナの恐怖を煽ってワクチン接種をさせる為に必死で、おかげで日本株、アメリカ株共に最悪やんか。

ちょっと下がったら、買いエントリーなんていい加減なエントリーで勝ってた頃が懐かしい。オイル以外は暴落よ(涙)

でも、結局上がってくるのよね。と塩漬けしていた。すると1月27日に強制ロスカットされてた。儲けた3万円にプラス4万円。積み上げてきたのに一気に資産がほぼ半減した。

ゴールドとシルバーは塩漬けに耐えて上昇に向かいそうだ。こちらはこれ以上下がらんでしょうな。

結局は以下の基本をきちんと守る。FXと同じです。

日足は以下の条件でエントリーする。

買いエントリーの基本

SMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの上に出る。EMA9MAは強気になっている

売りエントリーの基本

SMA9MA(上)とEMA9MA(下)がデッドクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの下に落ちる。EMA9MAは弱気になっている。

買いエントリー決済

4時間足でSMA9MA(上)とEMA9MA(下)がデッドクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの下に落ちる。もしくは平均足が陰線になると決済

☆リスタートは、平均足が陽線になれば買いエントリー

売りエントリーの決済

4時間足でSMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの上に出る。もしくは平均足が陽線になる。

☆リスタートは平均足が陰線になれば売りエントリー


FX初心者から上級者まで、幅広く選ばれているDMM FX

US30-cdの今回の大暴落も①・④EMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしていて、ロウソク足がSMA5MAの下に落ちている。で売りエントリーすると大儲けでした。

安値ポイント右側で②EMA9MAが強気で、SMA5MAの上にロウソク足が出たところで買いエントリー。

③のようにEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスしていて、SMA5MAの上に陽線が出てきたところで買いエントリー。

基本的なところを守っていれば、どうやってもぼろ儲けです。


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

ゴールド(XAUUSD-cd)は突如ということがよくあります。それでも同じで、①のように高値が付いたところで、4時間足を見て、4時間足でSMA9MA(上)とEMA9MA(下)がデッドクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの下に落ちる。もしくは平均足が陰線になると売りエントリー。

②のように安値が付いた場合は、4時間足でSMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの上に出る。もしくは平均足が陽線になると買いエントリー。

③のようにEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロス中に、9MAに抑えられた陰線は、4時間足でSMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの上に出る。もしくは平均足が陽線になると買いエントリー。

と4時間足をうまく活用して同じ対処をすればぼろ儲けできます。

JPN225-cdも同じなんですが、乱高下が激しく効率が悪いので、今後これで投資することはないと思います。

OilUSD-cdはワンパターンなので、基本は平均足で色合わせで良いですね。日足の色合わせを続けるだけでくそほど儲かります。

1月は方針を決める月だったので、結果はどうあれ今後の見通しが出来てよかったです。2月以降ゴリゴリ行きます。



 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

AUD・JPY日足2022年1月

1月はスキャルをやってて、ブログをかけませんでした。

頑張って口座の中身を1.5倍に伸ばしました。しかし、やはり効率が悪いです。日足としては

100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

まずは、EMA9MAが強気のままの陰線の始値に逆指値買いを入れ①のところで、4時間足の平均足が陰線になったので決済します。ここで4時間足でEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしていて、ロウソク足がSMA5MAの下に回っていたら売りエントリーします。

その後、②の部分で4時間足の平均足が陽線になったので、決済します。この部分で4時間足でEMA9MAとSMA9MAがゴールデンクロスしていて、ロウソク足がSMA5MAの上に上がっていたら、買いエントリーします。

その後、③のところで①と同じく4時間足の平均足が陰線になったので決済します。ここで4時間足でEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしていて、ロウソク足がSMA5MAの下に回っていたら売りエントリーします。

結局、効率の面からEMA9MAとSMA9MAのクロスと、SMA5MAの打ち抜きを見るようにすると、トータルで負けることはありません。

日足は以下の条件でエントリーする。

買いエントリーの基本

SMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの上に出る。EMA9MAは強気になっている

売りエントリーの基本

SMA9MA(上)とEMA9MA(下)がデッドクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの下に落ちる。EMA9MAは弱気になっている。

買いエントリー決済

4時間足でSMA9MA(上)とEMA9MA(下)がデッドクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの下に落ちる。もしくは平均足が陰線になると決済

☆リスタートは、平均足が陽線になれば買いエントリー

売りエントリーの決済

4時間足でSMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスした後に、ロウソク足がSMA5MAの上に出る。もしくは平均足が陽線になる。

☆リスタートは平均足が陰線になれば売りエントリー




①からの買いエントリーの際は、4時間足でSMA9MA(下)とEMA9MA(上)がゴールデンクロスしていて、ロウソク足がSMA5MAの上に上がっていて、EMA9MAが強気になっていたら買いエントリーする。条件に合わない時は見送る。

②からの売りエントリーの際は、4時間足でSMA9MA(上)とEMA9MA(下)がデッドクロスしていて、ロウソク足がSMA5MAの下に回っているのを確認して、EMA9MAが弱気になってたら売りエントリーする。条件に合ってない場合は見送り。

モーメンタムとウィリアム%での見立て

 ウィリアム%の山が下がっている陽線からは反転下降

モーメンタムがダイバージェンスになる陽線からは反転下降

モーメンタム・ウィリアム%が『ヘ』の字折れしている陽線は逆指値売り

ウィリアム%の山が上がっている陰線からは反転上昇

モーメンタムがダイバージェンスになる陰線からは反転上昇

モーメンタムが上昇している陰線は逆指値買い。

特に4時間足でモーメンタムとウィリアム%が、はっきりと機能しているので、認識はきちんとする事

この様に、エントリーミスの原因になるところを確認し、今後のエントリーに生かすことが、FXで継続して利益を出すのには必要な作業です。

朝の確認事項

1・EMA9MAとSMA9MAのクロス

2・SMA5MAとロウソク足の位置関係

3・モーメンタムとウィリアム%のクロス

4・モーメンタムとウィリアム%のライン確度

5・OsMACD_MのMAの色

6・MACD-2とOsMACD_Mのヒストグラムの色

7・MACD-2のクロス



カテゴリー: 未分類 | コメントする

AUD・JPY日足12月


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

基本通りにやっていれば、単なる大儲けだった今回、損害に巻き込まれたわけですが、暴落の後、よく値戻しするという話を聞くが、値戻しは基本大損害が決済された後になることが殆ど。だからFXから個人投資家が撤退していくのです。

基本に忠実に、直前の陽線の安値に損切りポイントと、逆指値売りエントリーを仕掛けておけば、この大暴落は利益になっていた。また、暴落の前日の平均足が陰転していたので、ここで損切りを嫌ってキープしたために今回の失敗がある。

とにかく基本には忠実にトレードすることが、継続的利益に繋がるので確認は怠らない事。

1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

また、今回のように日足で平均足が20MAの下にある場合、4時間足の高値右側での平均足の陰転を狙う。また、高値が付いた陽線に逆指値売りを仕掛けることも視野に入れる。

今回のように大きな出来事で市場が動いている場合はなかなか反転してこない。損害を出してポジションを持ち続けるより、切り替えて、その流れに合わせたエントリーを繰り返す方が、損害は小さく、利益は大きい。

また、もう下がって行くだろう。もう上がって行くだろう。ではなく、明確な理由があって反転してくるので、その理由を見つける努力を怠ってはいけない。

そして、追い越せなかった理論には逆らってはいけない。常にその成立を見つけに行く姿勢が必要となる。利益そっちのけでそれだけを追いかけた方が結果が出るくらいだ。


安心のFXサービス「みんなのFX」

今回も直前の高値マークに届かずに陰転した所、直前の陰線を追い越せずに陰転したところに大きな下降が出ているので、MACD-2のデッドクロス中に陰陽陰の追い越せなかった理論を狙うなら、陽線には始値(または安値)に逆指値売り、という基本を仕掛けていれば問題はなかったわけです。

また、今現在オミクロン株への懸念が払しょくされたとして、大幅な値戻しが始まってますが、これも初めの段階で、

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

今週の頭に4時間足で《安値右側の追い越せなかった理論の成立》が有り、そこから続いて上昇していることが分かります。反転上昇には陽陰陽の追い越せなかった理論成立が、反転下降には陰陽陰の追い越せなかった理論成立が絡んでくるので、必ず確認する癖をつけるようにしたいものです。


MATRIX TRADER

12月13日の朝です。先週はオミクロン株に対する懸念が払しょくされたとして、急騰し始めました。月曜日に《SHI_Silver TrendSigの反転シグナルの付いた陽線》になり、買いの3点一致になったので買いエントリーしました。

木曜日に陰線になったものの、この陰線がOsMACD_MとMACD-2のヒストグラムが共に強気だったので、買いエントリーをキープしています。

金曜日は陽線になり、《追い越せなかった理論》が成立し、買いの4点一致のなので、今日も買いエントリーをキープします。

ただし、一度エントリーを決済し、金曜日の陽線の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーに切り替え、同時に同じ位置に逆指値売りを仕掛けます。

あれから2週間の経緯

12月26日の競馬の有馬記念が終わり、見事に夢が破れました。FXの方では13日から17日にかけて往復ビンタを食らい。《追い越せなかった理論》の基礎に立ち返って、攻めた20日から24日はCFDと共に大きな利益をもぎ取りました。

オミクロンショックによる損失は、ほぼ帰ってきました。

この間日足では・・。




反転上昇に合わせて買いを入れたエントリーが損切りになり、その後売りエントリーがヒットしますが、さほど利益にならず、安値ポイントが付き急反転してしまいます。

上昇は1日で終わってしまい。翌日にはSHI_Silver TrendSigの反転シグナルの付いた陰線になり、日足では買いを決済、ただしヒストグラムが強気のため売りは見送ります。

日足でのトレードではMACD-2のMACDラインとシグナルラインがゴールデンクロス中なので、陰線の始値に逆指値買いエントリーで追いかけます。

その結果、20日の陰線の始値に逆指値買いでヒットし、金曜日に決済するまで大きな利益を取りました。

ただ、トレンド終わりの不安定な相場での日足だけでのトレードではやはり苦戦してしまいます。

やはり、決済ツールとして4時間足を使い、4時間足でも追い越せなかった理論を展開したほうが利率が高いですね。





基本は

高値マーク右側もしくは弱気のEMA9MAの下で陰・陽・陰の追い越せなかった理論が成立したら売りエントリー。

安値マーク右側もしくは強気のEMA9MAの上で陽・陰・陽の追い越せなかった理論が成立したら買いエントリーです。

決済は、買いエントリーが高値右側で、陰線が陽線を追い越した場合、もしくは陰・陽・陰の追い越せなかった理論が成立したら決済。

売りエントリーは安値右側で陰線を陽線が追い越した場合、もしくは陽・陰・陽の追い越せなかった理論が成立したら決済です。

これは私の《追い越せなかった理論》の基本中の基本で、これさえできていれば勝てます。無理に日足だけでのトレードにこだわらず、来年は4時間足でこれを続けて行きながら、日足の大きな流れを掴んで行こうと思います。この方法が一番安全に資産を増やせます。




12月最終週は、日足で24日に陰線が出たものの、MACD-2とOsMACD_Mが共にヒストグラムが強気なので、反転上昇を警戒します。ただし、4時間足はMACD-2のラインがデッドクロスに向かっているので、続落の可能性も高い状況です。なんにせよ、4時間足で《追い越せなかった理論》が成立した方向にエントリーします。

とりあえずは、4時間足で安値マークがついている陰線の高値に逆指値買いを入れます。

12月が終わりました。27日からの流れは日足だと




EMA5MAとEMA9MAがゴールデンクロス中、MACD-2のMACDラインとシグナルラインもゴールデンクロス中、OsMACD_Mはシグナル上昇中でヒストグラムが強気で連続中というもので、《買いエントリーをキープ》するだけで儲かる流でした。

24日の陰線の高値に逆指値買いを設定し、27日にヒットして、28日の陰線はOsMACD_Mのシグナル上昇中でヒストグラムが強気で連続中なのでキープと判断し、12月31日まで持ち続けて、月初のオミクロンショックはすべて回収できました。




4時間足では、安値ポイント右側で陽線が直前のロウソク足の高値を越えてきたところで買いエントリーを狙い。OsMACD_Mのヒストグラムが弱気になっていて、ストキャス(9・5・5)の緑(K・period)への字に折れたところの陰線で決済して、利益を確定していきました。

4時間足では平均足20MAの上にロウソク足がある間は売りエントリーは基本しません。高値3の後で追い越せなかった理論《陰・陽・陰》が成立した時だけ、例外的に売りエントリーします。



カテゴリー: 未分類 | コメントする

CFD12月(オミクロンショック後)

オミクロン騒動で爆死しました・・・・。前取引塩漬け中。物価なんざ結果的に右肩上がりだぜ。オミクロン騒動で落ちた分は収まれば戻ってくる・・・・。


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

JPN225は戻ってきた!!


1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

US30-cdは暴落前と同じ位置に・・・。凄いな。


安心のFXサービス「みんなのFX」

USOil-cdも半分戻った!!バイデンと岸田のポチが原油備蓄放逐してもな・・・。脱炭素辞めな原油高は止まらない。

太陽光や風力発電じゃ需用電力賄えないし、工業用の高圧電力は得られない。なのに油田の凍結とかしやがって、当たり前に原油高になるわ。生産量がガタ落ちなんやから、当たり前やん。地球は寒冷化周期なんやから、燃やせ。Co2は日本の技術ではほとんど出ないわ。

しかし、岸田政権って、EU諸国で失敗してる移民政策や脱炭素をやって、日本を潰すのが目的なんやろか。早く退陣してほしいわ。


FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ゴールドは買い注文が止まって、横ばいしている状態。年末に向かって需要が高まって値上がりを期待していたのに水を差された状態。これから登ってくれるかな・・。

CFDは、ちまちまと《追い越せなかった理論》をやるしかないかな。損益関係なく続けてみるさ。週末に報告という形かな。

12月13日の朝です。先週月曜日には、オミクロン株の懸念が払しょくされたとして上昇が一斉に始まりました。


DMM CFD

JPN225-cdは、木曜日に陰線になり、金曜日に反転上昇してきた。《追い越せなかった理論》が成立し、買いの4点一致です。買いエントリーはキープされたエントリーを一度決済し、金曜日の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーにし、そこを越えれば売りの追い越せなかった理論が成立する地点でもあるので、同じ位置に逆指値売りを入れます。


JFX株式会社

US30-cdは、同じく木曜日に陰線になり、金曜日に反転上昇してきました。《追い越せなかった理論》が成立し、買いの4点一致です。買いエントリーはキープされたエントリーを一度決済し、金曜日の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーにし、そこを越えれば売りの追い越せなかった理論が成立する地点でもあるので、同じ位置に逆指値売りを入れます。


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

USOil-cdも、同じく木曜日に陰線になり、金曜日に反転上昇してきました。《追い越せなかった理論》が成立し、買いの4点一致です。買いエントリーはキープされたエントリーを一度決済し、金曜日の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーにし、そこを越えれば売りの追い越せなかった理論が成立する地点でもあるので、同じ位置に逆指値売りを入れます。


1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

XAUUSD-cdは先週は陰線・陽線・陰線・陰線・陽線と絵に描いたようなスライドライン状態です。ただし、先週末に安値が切り上がった陽線となり、《追い越せなかった理論》が成立し、買いの3点一致になりました。

金曜日の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーにし、そこを越えれば売りの追い越せなかった理論が成立する地点でもあるので、同じ位置に逆指値売りを入れます。

12月27日の朝を迎えました。それぞれ見ていきます。





JPN225-cdは、岸田政権のふわふわ、グダグダぶりが色濃く出て、レンジの状態になってます。オミクロンショックで損失になった買いエントリーは、JPN225-cdだけが取り戻せずに今に至ってます。

この間は、4時間足で追い越せなかった理論を展開し、コツコツ損失の穴埋めをしています。





US30-cdは直ぐに値戻ししたのですが、第三週後半に再び第二のオミクロンショックが有り暴落、今週はクリスマスワッショイで暴騰と2週間でいわゆる《行って、来い》の状況になりました。こちらも4時間足で追い越せなかった理論を展開し積み上げて、利益を上げています。





USOil-cdも同じく、第三週後半に再び第二のオミクロンショックが有り暴落、今週はクリスマスワッショイで暴騰と2週間でいわゆる《行って、来い》の状況になりました。こちらも4時間足で追い越せなかった理論を展開し積み上げて、利益を上げています。

US30-cdとUSOil-cdは4時間足で追い越せなかった理論を展開しながら、日足の流れを掴んで利益を積み上げながら待ち、オミクロンショック時の損失はすべて取り戻しました。





XAUUSD-cdも全く同じパターンでした。第三週後半に再び第二のオミクロンショックが有り暴落、今週はクリスマスワッショイで暴騰と2週間でいわゆる《行って、来い》の状況になりました。こちらも4時間足で追い越せなかった理論を展開し積み上げて、利益を上げています。

日足だと、往復ビンタで泣いていたところを、4時間足で

高値マーク右側もしくは弱気のEMA9MAの下で陰・陽・陰の追い越せなかった理論が成立したら売りエントリー。

安値マーク右側もしくは強気のEMA9MAの上で陽・陰・陽の追い越せなかった理論が成立したら買いエントリーです。

決済は、買いエントリーが高値右側で、陰線が陽線を追い越した場合、もしくは陰・陽・陰の追い越せなかった理論が成立したら決済。

売りエントリーは安値右側で陰線を陽線が追い越した場合、もしくは陽・陰・陽の追い越せなかった理論が成立したら決済です。

という基礎ルールに沿って、決済とエントリーをしながら大きな流れを待つことで、利益を得られました。

さて、年内最終週。クリスマスワッショイが終わって失速か、それとも余波で上伸か。どうなるでしょうね。

12月が終了しました。結局日経平均だけが岸田政権の愚策のおかげで敬遠されて、オミクロンショックの損失を取り戻すことが出来ませんでした。





ただし、4時間足の追い越せなかった理論を展開することで、利益は出せました。

①・高値3の右側で平均足が陰線になった。売りエントリー。

②・安値3の右側で安値1・2が切り上がって平均足が陽転した。買いエントリー。

③・安値3の右側で平均足が陽線になった。買いエントリー。

④・高値3の右側で高値1・2が切り下がって平均足が陰転した。売りエントリー

決済は

買いエントリーが高値が付いて《はらみ線》になるか、平均足が陰線になる。

売りエントリーが安値がついて《はらみ線》になるか、平均足が陽線になるになる。

これを徹底すれば簡単に勝てます。





US30-cdは日足では強い上昇傾向だったので、4時間足を見て、OsMACD_Mのヒストグラムが強気の間は買いエントリーをキープし、利益が大きくなったので平均足が陰線になるまでキープしました。





USOil-cdは平均足20の上での値動きだったので、安値からの陽転を狙って、高値右側の《はらみ線》になる陰線で決済をして利益を積み上げていきました。





金相場(XAUUSD-cd)は出入りが激しかったです。こちらは4時間足のロウソク足で追い越せなかった理論を展開し、緒戦は買いエントリーで利益を上げていましたが、28日深夜に画面では高値2ですが、リアルタイムでは高値3からの追い越しが起こり、ここで買いを決済して売りエントリーにしました。

この売りエントリーはEMA30MA(日足の5MA)の下に大きく入った所で決済します。EMA30MAが上昇傾向にある場合はENA30MAの下に2マス以上下がったらほとんどが反転上昇してきます。

その後は安値右側で、陽・陰・陽の追い越せなかった理論が成立して、直前の高値を追い越した陽線が出たところで買いエントリーして、買いエントリーをキープして、12月31日になる前に利益確定しました。

年末の激しい乱高下でも、4時間足で追い越せなかった理論を展開することで、簡単に利益を積み上げられました。

でもね、仕事をしていると空白の時間が仕事中、睡眠中の1日16時間出来るので、ちょっと難しかったりします。



カテゴリー: 未分類 | コメントする