EUR・JPYトレード12月12~23日





12月12日は朝から買いエントリーのチャンスが続いた。7-10時は《追い越せなかった理論・買い》11-14時は《ウィリアムズ%の山の切り上げ》、15-18時は《転換線上り斜面の法則》と買いエントリーの鉄板パターンが続いたが、1時間足では激しい乱高下が続いた。おかげで利益を伸ばし損ねた。金額にして12000円は利益回収したが・・・・。

12月13日は朝からトレンドの勢いが大失速中、現在、14時53分。1時間足ではADXは下降が続き、+DIは失速、-DIは一緒に失速中。今後は平均足が陰線になって、-DIが上昇して+DIの上に回ったら売りエントリーです。

ちょっと、手を出せない状態が続きますね・・・。ため息です。




ああ、またやらかした。チキン利食い。大きいところを取り損ねた。

昨日、11-14時の時間帯でSHI+陰線が成立して、売りエントリー。15時から19時にかけて乱高下に乱高下を重ねて、それを見てしまったために疲れ果てて、19時にチキン利食い。ここから暴落だったのに。利食いした理由は安値が付いたからと、EMA26MAに引っかかったから・・・。良く利益を吹っ飛ばされるパターンなのでやっちまった。

で、新しい武器を確認ADXを見て確認、今後の参考にと、有益なデータが得られた。赤の-DIが青の+DIをV字を切り上げてきて上抜いたときは下降トレンド突入と見る。その後青の+DIが《1》のようにV字を作るまでは下降トレンドが終わらない。ということが分かった。安値がついて決済か、キープか迷った時の助けになる。これが確認できただけでもチキン利食いは減るだろう。

さて、12月14日9:30現在、4時間足は+DIが上になって上昇トレンド入りを示唆してます。しかし、1時間足が上記のように+DIと-DIが共に下降し、ADXラインもトレンドが減退している状態で、何もできません。4時間足の状態から1時間足で安値がついて平均足が陽転し、+DIが-DIの上になり、上向きになっていたら買いを入れたいです。その時にADXラインも上昇しているなら鉄板です。




12月14日はほとんど動かなかった。朝からじりじりと下がる流れで、信用できるところがなかった。7-10時確定後から売りを入れて、安値2のところで利益確定したが、その直後から猛反発。深夜帯なのでこれは取れなかった。

12月15日もどうにも信用できる流れがない。11-14時で《追い越せなかった理論+陽線》にはなったが、ADXのADXと+DIと-DIが共に下降中なので、買いエントリーできない。SHIの反転マークが付いたけど、陽線なんよな。間違えて買いエントリーを入れたけど。おそらく下降してくるとは思う。ちょっと時間かかるかな。




1時間足を見ても、まあ、この通り上昇が続かないのよな。この後、平均足が陰転して-DIが上昇して来たら売りエントリーです。




15日以降はワンパターンな流れで、15日は強気の移動平均線の網にかかって、序盤の下降は跳ね返されて、買いさえ入れて置けばぼろ儲け。

16日は序盤に転換点が訪れてRCIの26が下降を始めて、平均足が陰転してから暴落。共にチキン利食いかい!!というツッコミ殺到。

19日も陽転してからは買いのキープ一本で利益を得て、20日は朝から買いエントリーで利益を出していたけど、午前10時に日銀発表を警戒して手じまい。発表は15:30のはずが、12時には政策金利引き上げが情報として流れて、暴落開始してしまい。流れに乗れず。18000円は抜けたものの、その後のあれっぷりに、メイン口座で行けませんでした。




私は基本的に専業で家にいるので、1時間足の色変わりに合わせてエントリーして、色が変わったら決済で勝てます。色々と目安になりそうなインジケータを探すわけですが、今回は《RCI_3line》というインジケータの9MAと26MAを表示して、値動きを追いました。

26MA上昇中⇒買いエントリー狙い 26MAと9MAがデッドクロス⇒反転暴落注意(狙いは売りエントリーに変更)

26MA下降中⇒売りエントリー狙い 26MAと9MAがゴールデンクロス⇒反転暴騰注意(狙いは買いエントリーに変更)

現在は19日と同じ状況で、乱高下を繰り返しながら26MAと9MAがデッドクロスするまでジワジワ上昇の可能性が高いです。ただし、高値掴み上等な場所なので、慎重なトレードを要します。

因みに《RCI_3line》はMQL5ライブラリで無料でダウンロードできます。ダウンロードしたファイルのアップロード方法は以下で説明してます。チャレンジしてみてください。
絶対に負けない9MAトレード | FX『追い越せなかった理論』でお金と幸せを増やす (muryouoffer.net)




22日、23日は4時間足の平均足が機能しませんでした。23日の陽転から+DIがADXの上にあがったところで、買いエントリーして根性でキープしていれば勝てたけどね。

19日~22日は勝てたけど、23日は動かない相場にイライラして荒れてしまい。負けてしまいました。ここでトレードを修正しなければなりません。




12月23日・敗北日(4時間足に流れがない時は下位足の1時間足及び15分足で平均足トレードが必要)

敗北日も何も、平均足トレードが出来てないし、SHIのポイントも押さえてない。そもそも、どんなに途中乱高下しようが、平均足トレードは平常運転。安値③の右側である。最初の安値②の右の平均足の陰線から売りエントリーし、4つのSHIの反転ポイントを超えてキープして、安値②の後のSHIのポイントからの上昇で上のバンドに当たったところで損切り。30pips弱の損切り。

まず、最初に安値②にSHIの安値ポイントがあるのを意識していなかった。これを見れば売りエントリーできないし、絶対に買いエントリーできる。

後、EMA80MAが強気上昇中に安値ポイントから陽転で買い。EMA9MAの上での平均足の陽転からの買いである。

高値②からの陰転と高値③と高値③右側の切り下がった高値①からの陰転は、安値が付いたら撤退すればいい。EMA80MAが強気上昇中は売りエントリーは急反転が多いので、安値が付いたら必ず撤退する。

下位足でのEMA80MAが強気上昇中はSHI高値の反転ポイント+陰線からの売りエントリーのみに絞る。中途半端なSHI高値の反転ポイント+陰線にならない陰転からはエントリーしない。

SHIの反転ポイントの基礎(稀に打ち抜かれてリペイントがあるので、損切り設定は明確に。)

SHIの高値ポイント+陰線が出た場合

基本は安値側にSHIの安値ポイント+陽線になるまではトレンドが継続する。安値を付けて戻ったところで、SHIの安値ポイント+陽線でない場合は、戻り売りのチャンスになる。

SHIの安値ポイント+陽線が出た場合

基本は高値側にSHIの高値ポイント+陰線になるまではトレンドが継続する。高値を付けて戻ったところで、SHIの高値ポイント+陰線でない場合は、戻り買いのチャンスになる。

どの時間軸でも共通なので、直近のSHIのポイントは必ず押さえること

平均足は時間軸が短くなっても基本通りの運用でいい。

稼げないのは平均足トレードが出来てないし、SHIのポイントも押さえてないから。修正ポイントはそこに尽きる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

EUR・JPY日足トレード12月1~9日





今週は日足がEMA5MAとEMA9MAが弱気で、MACD-2はデットクロス、OsMACD_Mはヒストグラムが弱気の連続でシグナルも下降中。こうなると狙いは陰転からの売りになる。

ただし、どこからでもいいというわけではない。




根本的には4時間足では、①のように高値ポイント後のモーメンタム《ヘの字折れ》からの売りエントリーを狙う。

陰線の後追いは見事にショートレンジの上昇になることが多く。常に高値から反転を狙うという意識を持つことが重要。

また、高値から離れた位置の、モーメンタムの底を切り上げているような陰線を売りエントリーで狙うと反転上昇を食らう。

逆に④のようにウィリアムズ%の直前の山よりも、ウィリアムズ%が下にある陽線は実体安値に逆指値売りで仕掛けると良い結果が出る。

この場合、時間がある場合は1時間足において高値からの陰転を狙うようにする。

安値からの買いエントリーの判断は、②ウィリアムズ%がモーメンタムとゴールデンクロスしている。もしくは、③直前のウィリアムズ%の山よりウィリアムズ%の位置が高いところにある陽線から買いを入れる。




1時間足で売りエントリーが成功する場合
⑤のように高値ポイントの後で、モーメンタムがヘの字に折れた陰線

①のようにウィリアムズ%がモーメンタムの下にもぐっている。

1時間足で売りエントリーが失敗する場合
③ウィリアムズ%が直前のV字の底辺より高い位置にある。

④ウィリアムズ%がモメンタムの上にある。

はっきりとした特徴があるので、必ずチェックすること。

12月2日14時17分現在、陰線から追い打ちの売りエントリーしたために、生殺しの小反発で20pips前後のマイナス。損切りになるか、次の時間に下がるか。微妙ですね。

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

12月7日9:00
日足 ロウソク足暗示 スライドラインのたくりトンカチ(上昇示唆)・平均足(陽線)

モメンタム(下)      ウィリアムズ%(上)ゴールデンクロス
山 切り上げ V 切り上げ  山 切り上げ V 切り上げ
EMA5MA引き合い(黄色) EMA9MA弱気(赤)

MACD-2 デッドクロス  OsMACD_M MA 強気
ヒストグラム 強気   ヒストグラム 強気

日足の状況を見る限り、売りエントリーは儲からない。買いはMACD-2のデッドクロスに抑えられてショートレンジが予想される。乱高下からの上へ抜けるか・・。

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

4時間足時の見立て7:00

転換線がロウソク足の上に回る。ただし、安値1の右側、SHIの反転マークが効いていない。ショートレンジの売り狙い。ただし、危険

モメンタム(上)      ウィリアムズ%(下)デッドクロス
山 切り下げ V 切り下げ 山 切り下げ V 切り下げ

EMA5MA引き合い(黄色) EMA9MA強気(緑)

MACD-2 ゴールデンクロス OsMACD_M MA 弱気
ヒストグラム 弱気     ヒストグラム 強気

はっきりとしたストロングポイントが欲しい。急反転が多くなりそうで見送り妥当。
*ショートレンジの稼ぎ方は見直す必要がある。チャンスを逃している。*




15分足で平均足トレードルールを適用して、3_level_zz_semaforの反転マークから入るのが有効であるから、攻めていい。

4時間足の見立て11:00 引き続きショートレンジの売り狙い。ただし危険。
モメンタム(上)      ウィリアムズ%(下)デッドクロス
山 切り下げ V 切り下げ 山 切り下げ V 切り下げ
EMA5MA 緑(強気)EMA9MA 黄(引き合い)
馬鹿馬鹿しいので外出する。こんな日はアカン。


MACD-2 デッドクロス OsMACD_M MA 弱気
ヒストグラム 弱気     ヒストグラム 強気




4時間足の見立て15:00 上昇は急反転下降に注意しながらの展開 V字切り下げ 山切り下げから見えるのは、今日も急下降があると思われる。
モメンタム(下)      ウィリアムズ%(下)ゴールデンクロス

山 切り下げ  V 切り下げ 山 切り下げ  V 切り下げ

EMA5MA 強気(緑)EMA9MA 強気(緑)

MACD-2 ゴールデンクロス OsMACD_M MA 弱気

ヒストグラム  強気    ヒストグラム 強み

結局15時から下降しました。このところ乱高下が激しく、日足と4時間足で平均足トレードは機能しにくくなっている。その反面、1時間足の平均足は機能しやすくなっている。




12月7日も安値1からの平均足の陽転で買いエントリーして、安値が打ち抜かれない限りキープして、高値3から反転したところで決済。高値3から平均足が陰転したところから売りエントリー、平均足が陽転したところで決済で良いわけです。

今日12月8日も安値2の後の平均足の陽転から買いを入れて、利益を出せていました。1時間足の平均足の陽転から買い。平均足の陰転から売りで行った場合、必ず利益がでるので、勝ち負け関係なく貫けば1か月たつと大きな利益が出ているでしょうね。




12月8~9日のトレードは少し自分自身荒れてしまいました。しかし、冷静に4時間足でやっていれば利益になりました。まだまだ、自分は甘いですね。

12月8日の朝に安値が付いて陽線になったところでSHI反転マーク+陽線なので買いエントリーしなければならなかった。15-18時で陰線になった時に利益は飛ぶにしても、11-14時の陽線のところでモーメンタむが下降中なので、決済していてもいい。

その後、売りを入れたけど矢印のところで跳ね返されて、利益を飛ばされて冷静さを欠いた。基本は15MA、20MA、26MAが強気上昇中なので、買いエントリーに目を付けていなければならない。この下影陰線がモーメンタムが上昇していることからここで買いを入れれるし、次の陽線で買いを入れれる。まあ、ここは深夜帯でトレードできなかったが、下影陰線から買いエントリーできれば利益は出せた。この後、1時間足で平均足が陽転した時に、ADXの+DIが-DIの上に出たので、ここで簡単に買いエントリーの判断は出来た。

12月9日は単にSHI反転マーク+陰線から売りエントリーして待っておけばよかった。利益が出てBandsの下のラインに当たって安値2が付いた時点で決済しました。その後、深夜帯にバカみたいな跳ね返しがあり。決済しててよかったと胸をなでおろしました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

EUR・JPY日足11月14~


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

11月の昨日までの結果
10月31日に高値《1》が付いた陰線が出たので、高値に損切りを置いた売りエントリーをします。その後11月3日まで下がったところで安値が付きます。日足はまだ買いゾーンなので、11月3日の高値に損切りポイントと、逆指値買いエントリーを仕掛けます。11月4日に売りエントリーの利確と買いエントリーが発生します。

その後、11月7日は上昇しますが、8日から高値が付いて妖しくなり、9日にSHIの反転下降マークの後の陰線が確定したので、高値に損切りを置いた売りエントリーをします11月9日は暴落し、11月10日は乱高下、本日もおそらく乱高下です。

SHIのシグナルは日足で特に効果があり、必ず売りの場合はSHIのシグナルの後に陰線が確定した時に売りエントリー、買いの場合はSHIのシグナルの後に陽線が確定した時に買いエントリーします。

1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

4時間足でもSHIは同じ狙い方をします。また、以下の事を意識してトレードします。

EMA5MAとEMA9MAの強気一致で買い。強気一致が崩壊したら決済。

EMA5MAとEMA9MAの弱気一致で買い。弱き一致が崩壊したら決済。

ここを徹底すれば絶対に負けないので、徹底します。

11月の14日は以下の見立てになります。

日足・弱気一致
安値②右側 SHIシグナルが出る。

4時間足でEMA5MAとEMA9MAが強気一致したら買いエントリー

1時間足でEMA5MAとEMA9MAが弱気一致したら売りエントリー

狙いを定めたら、嵌るまで待ちます。


初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

11月15日です。出遅れました。朝に日足を見るのが遅れてしまいました。昨日はSHIの反転ポイントの後の陽線になったので、今日はこの陽線の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーを入れるだけの日でした。

しかし、一手遅れて4時間足で買いエントリーを入れる羽目になりました。昨日もそうです。一手遅れてかなり利益が少なくなってました。





昨日は朝の時点で、4時間足でSHIの反転ポイントの後の陽線が確定していて、そこから損切り60pips・利確180pipsで買いエントリーするべきところを待ってしまって、大きな陽線の途中から入ってハラハラしながら利益を取るようなことになりました。

今日も朝から買いエントリーできず、みすみす7-10時の陽線を取り逃がしました。きちんとチェックせんといかんですな。

ともあれ、今現在買いエントリーで利益が出て、4時間足に高値1を追い越しにかかってます。きちんと追い越してほしいものです。

【DMM FX】口座開設のお申込みはこちら

11月17日朝です。
昨日は7時-10時のロウソク足でダブルたくり線+陽線になり、ここから買いエントリーで稼げました。ただ、バンドの上側で高値2がついてからちょっとひどい目に遭いましたが、冷静にプラスのまま終わることが出来ました。




今日は、日足が追い越しの買いの三点一致、《追い越せなかった理論・買い》が成立しており、今日は上昇を念頭にトレードする日になります。





17日は朝の時点で4時間足の平均足が陰線だったので、買いエントリーを見送り、7-10時の間に1時間足でダブルたくり線+陰線が出て、売りエントリーして、損切りに当たらない限り安値ポイントが出るまでキープします。15-18で安値がついて、ここで売りは決済し、1時間足のダブルたくり線+陽線から買いを入れるか、4時間足のダブルたくり線+陽線から買いに入りました。

18日は日足は買い気配だったが、7-10時で陰線になり《SHIの反転ポイント+陰線》になったので、売りエントリーを入れました。まあ、無茶苦茶な乱高下で、ひやひやしましたが、結果的に利益が出ました。

ようやく大きな利益になった23時の陰線がレンジ圏のバンドの外に出たので、これはここまでと判断して利益確定しました。で、朝起きたら案の定反転上昇してきていました。

さて、11月21日はどう動くか・・・。

4時間足が安値がついて《はらみ線》になっている。これは買いの優勢な形。ただし、EMA5MAとEMA9MAは共に弱気。また乱高下かな・・。

1時間足ではダブルたくり線+陰線になっているので、週明けは落ちる公算が高いかな。




日足も《ダブルたくり線+陰線》売り気配なんだけど、MACD-2のヒストグラムが強気で、OsMACD_MのMAが強気。この状態だと乱高下が続くかな・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

EUR・JPY日足トレード10月24-28日





10月24日の朝です。
金曜日深夜に日本の為替介入があり、一時的にEUR・JPYも釣られて暴落しました。しかし、それでも日足はEMA9MA強気のままで、買いエントリーキープを示唆しています。




一方、4時間足の方はすでにEMA9MAが弱気になっている状態にあり、ただし、安値2からの上昇が始まってます。今後は4時間足に高値が付いて陰転する追い越せなかった理論成立と、直前の陽線を越えられずに陰転する追い越せなかった理論成立からの売りエントリーを狙います。

買いエントリーの方は、4時間足のEMA9MAが強気になれば勝負していいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

AUD・JPY日足トレード10月24日~28日





10月28日朝です。
今月を持って、AUD・JPYはメインの取引通貨から外して、サブトレード通貨にします。よって、詳しい解説は今週で最後です。

まず、日本の為替介入によって暴落から一夜が明けました。暴落にもかかわらず日足のEMA9MAは強気のままで、買いエントリー堅持を示しています。




4時間足でも、安値から上昇し、EMA9MAは強気になっており、この陽転からの買いエントリーをしていてもいいでしょう。ただし、直前の高値は高い位置にあり、ここを越さずに陰転すれば陰・陽・陰の追い越せなかった理論成立になり、ここからは売りエントリーが有効になります。

今日は慌てて買いエントリーをぜずに、陰・陽・陰の追い越せなかった理論成立を狙いに行くのが無難かもしれません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする