EUR・JPY平均足トレード1月9日~


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

1月9日午前8時50分です。

現在4時間足は陰線で、ウィリアムズ%がモーメンタムのはるかに下に有り、高値2からの反転で、安値もついていないことから、目付は売りエントリーです。

ただし、6日の深夜に小規模の反発に遭って、現在MACD-2のヒストグラムが強気で、OsMACD_MのMAも強気です。この状態では陰転しても売りは狙えないので、売りの4点一致を狙います。
売りの4点一致は以下の4点が揃うことです。
・平均足が陰転
・MACD-2のヒストグラムが弱気
・OsMACD_MのMAが弱気
・OsMACD_Mのヒストグラムが弱気

上記の条件が揃って、ウィリアムズ%がモーメンタムの下に回っていれば、安全な売りエントリー位置と言えます。まずは、この条件クリアを待ちます。




安値からの反転の場合、安値2・安値3からの陽転は1時間足なら迷わず乗っていい。安値1からの場合はADXが上昇している場面で狙うことが勝率を上げるコツ。

上昇を捕らえた場合、基本はSHI反転ポイント+陰線にならない限り終了にならないので、平均足が陽線の間はSHIのマークが出て陰線になるまではキープする。また、ADXが上昇している間はロウソク足が陰転しても跳ね返して上昇してくるので、逆指値買いを陰線の高値に設定して狙う。

長期線(EMA80MA)が上昇中の売りエントリーは、必ずADXが下降が続いている場面で、+DIが下降続きの状態の陰転で、-DIが切り上がっていることが条件となる。



12日以降は下降トレンドになったわけだが、基本的は平均足トレードのルールを1時間足にも適用すればよかった。

高値ポイント右側の陰転で売り

EMA9MAが弱気下降中の平均足の陰転は売り。

平均足が陰転の間はキープする。この3点を守れば利益は大きかった。補足としては-DIが上に有る時に、ADXが上昇している時の下降はしつこくて、ADXがヘの字に折れるまでは下降は止まらずに《結果下降している》。下降している+DIがv字を作らない限り決済する必要はないこと。これを覚えているとキープはしやすくなる。

まあ、1時間足の場合は被弾覚悟で、陽転で買い⇒陰転で決済⇒陰転で売り⇒陽転で決済の無限ループでも勝てるけど。有利なキープポイントで、必ずキープできるように特徴を押さえておきたい。



勝ちたい意識が強すぎると利益は少なくなるのがFX、定めたルール通りにやると儲けは大きくなるのがFX、勝つのではなく、ルール通りにやる。それが出来れば悠々自適なのだが・・・・。今週の4時間足は簡単に、大きな利益が出せた。

まずは9日の11-14でSHI+陽線になり買いエントリー、高値が付いたところで、直近の陽線の安値に決済ポイントを置き、深夜に利益確定。

10日は7-10時確定後EMA9MA強気上昇中の陽転になり買いエントリー、11日深夜に高値が付いて、直近の陽線の安値に決済ポイントを置き、深夜に利益確定。

翌12日はMACD-2弱気の陽線の後で、7-10時を様子見して陰線になり、SHI+陰線になったので売りエントリー。その後は売りエントリーキープ。安値が付いたので直近の陰線高値に決済ポイントを置き、キープ中。SHI+陽線になっているので、16日朝には決済ですね。

4時間足、ルール通りにやればぼろ儲け・・・・出来たのにね。はは・・。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です