EUR・JPY日足トレード12月1~9日





今週は日足がEMA5MAとEMA9MAが弱気で、MACD-2はデットクロス、OsMACD_Mはヒストグラムが弱気の連続でシグナルも下降中。こうなると狙いは陰転からの売りになる。

ただし、どこからでもいいというわけではない。




根本的には4時間足では、①のように高値ポイント後のモーメンタム《ヘの字折れ》からの売りエントリーを狙う。

陰線の後追いは見事にショートレンジの上昇になることが多く。常に高値から反転を狙うという意識を持つことが重要。

また、高値から離れた位置の、モーメンタムの底を切り上げているような陰線を売りエントリーで狙うと反転上昇を食らう。

逆に④のようにウィリアムズ%の直前の山よりも、ウィリアムズ%が下にある陽線は実体安値に逆指値売りで仕掛けると良い結果が出る。

この場合、時間がある場合は1時間足において高値からの陰転を狙うようにする。

安値からの買いエントリーの判断は、②ウィリアムズ%がモーメンタムとゴールデンクロスしている。もしくは、③直前のウィリアムズ%の山よりウィリアムズ%の位置が高いところにある陽線から買いを入れる。




1時間足で売りエントリーが成功する場合
⑤のように高値ポイントの後で、モーメンタムがヘの字に折れた陰線

①のようにウィリアムズ%がモーメンタムの下にもぐっている。

1時間足で売りエントリーが失敗する場合
③ウィリアムズ%が直前のV字の底辺より高い位置にある。

④ウィリアムズ%がモメンタムの上にある。

はっきりとした特徴があるので、必ずチェックすること。

12月2日14時17分現在、陰線から追い打ちの売りエントリーしたために、生殺しの小反発で20pips前後のマイナス。損切りになるか、次の時間に下がるか。微妙ですね。

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

12月7日9:00
日足 ロウソク足暗示 スライドラインのたくりトンカチ(上昇示唆)・平均足(陽線)

モメンタム(下)      ウィリアムズ%(上)ゴールデンクロス
山 切り上げ V 切り上げ  山 切り上げ V 切り上げ
EMA5MA引き合い(黄色) EMA9MA弱気(赤)

MACD-2 デッドクロス  OsMACD_M MA 強気
ヒストグラム 強気   ヒストグラム 強気

日足の状況を見る限り、売りエントリーは儲からない。買いはMACD-2のデッドクロスに抑えられてショートレンジが予想される。乱高下からの上へ抜けるか・・。

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

4時間足時の見立て7:00

転換線がロウソク足の上に回る。ただし、安値1の右側、SHIの反転マークが効いていない。ショートレンジの売り狙い。ただし、危険

モメンタム(上)      ウィリアムズ%(下)デッドクロス
山 切り下げ V 切り下げ 山 切り下げ V 切り下げ

EMA5MA引き合い(黄色) EMA9MA強気(緑)

MACD-2 ゴールデンクロス OsMACD_M MA 弱気
ヒストグラム 弱気     ヒストグラム 強気

はっきりとしたストロングポイントが欲しい。急反転が多くなりそうで見送り妥当。
*ショートレンジの稼ぎ方は見直す必要がある。チャンスを逃している。*




15分足で平均足トレードルールを適用して、3_level_zz_semaforの反転マークから入るのが有効であるから、攻めていい。

4時間足の見立て11:00 引き続きショートレンジの売り狙い。ただし危険。
モメンタム(上)      ウィリアムズ%(下)デッドクロス
山 切り下げ V 切り下げ 山 切り下げ V 切り下げ
EMA5MA 緑(強気)EMA9MA 黄(引き合い)
馬鹿馬鹿しいので外出する。こんな日はアカン。


MACD-2 デッドクロス OsMACD_M MA 弱気
ヒストグラム 弱気     ヒストグラム 強気




4時間足の見立て15:00 上昇は急反転下降に注意しながらの展開 V字切り下げ 山切り下げから見えるのは、今日も急下降があると思われる。
モメンタム(下)      ウィリアムズ%(下)ゴールデンクロス

山 切り下げ  V 切り下げ 山 切り下げ  V 切り下げ

EMA5MA 強気(緑)EMA9MA 強気(緑)

MACD-2 ゴールデンクロス OsMACD_M MA 弱気

ヒストグラム  強気    ヒストグラム 強み

結局15時から下降しました。このところ乱高下が激しく、日足と4時間足で平均足トレードは機能しにくくなっている。その反面、1時間足の平均足は機能しやすくなっている。




12月7日も安値1からの平均足の陽転で買いエントリーして、安値が打ち抜かれない限りキープして、高値3から反転したところで決済。高値3から平均足が陰転したところから売りエントリー、平均足が陽転したところで決済で良いわけです。

今日12月8日も安値2の後の平均足の陽転から買いを入れて、利益を出せていました。1時間足の平均足の陽転から買い。平均足の陰転から売りで行った場合、必ず利益がでるので、勝ち負け関係なく貫けば1か月たつと大きな利益が出ているでしょうね。




12月8~9日のトレードは少し自分自身荒れてしまいました。しかし、冷静に4時間足でやっていれば利益になりました。まだまだ、自分は甘いですね。

12月8日の朝に安値が付いて陽線になったところでSHI反転マーク+陽線なので買いエントリーしなければならなかった。15-18時で陰線になった時に利益は飛ぶにしても、11-14時の陽線のところでモーメンタむが下降中なので、決済していてもいい。

その後、売りを入れたけど矢印のところで跳ね返されて、利益を飛ばされて冷静さを欠いた。基本は15MA、20MA、26MAが強気上昇中なので、買いエントリーに目を付けていなければならない。この下影陰線がモーメンタムが上昇していることからここで買いを入れれるし、次の陽線で買いを入れれる。まあ、ここは深夜帯でトレードできなかったが、下影陰線から買いエントリーできれば利益は出せた。この後、1時間足で平均足が陽転した時に、ADXの+DIが-DIの上に出たので、ここで簡単に買いエントリーの判断は出来た。

12月9日は単にSHI反転マーク+陰線から売りエントリーして待っておけばよかった。利益が出てBandsの下のラインに当たって安値2が付いた時点で決済しました。その後、深夜帯にバカみたいな跳ね返しがあり。決済しててよかったと胸をなでおろしました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です