EUR・JPY日足トレード10月3~7日





10月3日朝です。
EUR・JPYは高値3の右側にあります。先週の金曜日は一応陽線で捌けてくれました。ただし、高値1がついて何時暴落が始まっても良い状態です。日足としては9月30日の安値に損切りポイントを置いた買いエントリーに切り替えて、同じ位置に逆指値売りを入れます。

追い越せなかった理論の基本では、下位足での陰・陽・陰の成立からの売りエントリーを警戒しつつ、買いエントリーキープとなります。

1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

4時間足では高値3がついているので、この後陰線が出て陰・陽・陰が成立した場合は、買いエントリー決済で売りエントリーとなります。現在OsMACD_MのMAは弱気下降中で、MACD-2のヒストグラムも弱気なので、暴落の危険性もあり、買いエントリーは少なくとも直近の安値ポイントに損切り設定をします。

また、4時間足のEMA9MAは強気なので、このままずるずる上昇する可能性もあり、その場合は随時、直近の陽線の安値に損切りポイントを変更していきます。

3,000円のFX助言はじめました。【アイリンクインベストメント】

10月4日の朝です。
日足は昨日は串団子で、高値圏でだたのでおそらく反転下降になると踏んでいましたが、落ち損ねてしまいました。一度EMA9MAを打ち抜いたので、そこで売りエントリーしたけど引っ張り上げられて、60pipsほどやられました。原因は・・・、4時間足を見てみます。




原因を探りたいわけですが・・、これまでもこれにてこずってきましたが、今回答えを得たかもしれません。直近2度のEMA9MAを打ち抜く陰線があり、その二つに共通する物。アリゲーターの黄緑のラインを打ち抜けていないというもの。

ここを打ち抜けずに安値が付いて、ロウソク足が陽転した場合、ズルズルと上昇する傾向にある。まあ、ただし打ち返される危険をはらみつつというややこしいところですが、

アリゲーターの黄緑のラインの上にロウソク足がある場合は、陽転からの買いエントリーを狙う。に徹したほうが良いようです。

おや・・・、今入れてる売りエントリーはヤバイな・・・。ははは・・。





10月5日朝です。
一度、日足で平均足が陽線になるとしつこいのよ、この通貨ペアは・・・。だらだらと上昇しました。昨日一日検証したけど。4時間足でアリゲーターのの黄緑のラインの上にロウソク足がある場合は、1時間足で平均足の陽線が続く限りは買いエントリーしてキープするべきですね。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール【DMM FX】

今日も当然、4時間足のアリゲーターの黄緑のラインの上にロウソク足があるので、売りエントリーはせずに、買いの追い越せなかった理論の成立のみを狙います。おりしも朝から少し値戻しが有ったので、安値からの反転上昇があれば狙い撃ちです。それで負けた場合は仕方がありません。




10月6日、10月7日の経過です。10月6日は、10月5日のロウソク足が陰線になり、これで追い越せなかった理論の売りが成立しました。しかし、4時間足ではすでに陽線が孕まれて、うんこだし線になっていたので、一度値戻ししてからの売りエントリーリスタートが最善の策でした。

10月7日は平均足が陰転したため、迷わず売りエントリー。ところが4時間足に陰線が付いて現在停滞中です。




4時間足では10月6日の平均足の陰転を持って売りエントリーして、現在、売りエントリーをキープしています。今後、4時間足の平均足が陽転したら決済です。



カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です