AUD・JPY日足3月

ウクライナ情勢で惨劇を受ける私をしり目に日足は平常運転してた。この間私も勉強をする。なぜか競馬の・・・。その中で重要な言葉を知った。

『破産確率が1%でもある勝負はしてはいけない。』

目から鱗だった。勝負を焦って、負ける確率が半分以上ある所での勝負を仕掛けていた。特にFXは破産確率が0%のトレードは実在する。それをやればいいし、それに合わせればいいだけなんだ。


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

①高値右側でOsMACD_Mのヒストグラムが弱気になれば売りエントリー。弱気が続く間はキープ。この間買いエントリーはタブー
*決済*安値がついてMACD-2のヒストグラムが強気になれば決済。

②安値右側でOsMACD_Mのヒストグラムが強気になれば買いエントリー。強気が続く間はキープ。この間売りエントリーはタブー
*決済*高値が付いて、MACD-2のヒストグラムが弱気になれば決済

たった、これだけのルールを守るだけで。日足では莫大な利益になる。検証してみればわかることだ。あとはちゃんとその通りに我慢してできるか。だけである。

日中はどうか、それはこのOsMACD_Mのヒストグラムの流れに、1時間足、4時間足の流れが合ってきたときに合わせるだけである。ウクライナ情勢の惨劇を受けてなお2月28日から3月3日はずっと日足のOsMACD_Mは強気である。

この場合、平均足の陽転で買いエントリー、高値右側の陰転(平均足がカラスか陰線になる)で決済である。売りエントリーはタブーである。

日足のOsMACD_Mは強気である状況では逆指値売りはしかけない。負ける確率が40%程度ある。仮に負けたとしてそこからキープして資金と時間を無駄にすることは避けたい。こういう場面での逆指値売りは反転逆走されたときに破産確率があるトレードである。





先ほどのルールさえ守っていれば、ここ数日での利益の積み上げは簡単だった。4時間足では2度エントリーで簡単に損失をカバーして利益に持って行けている。つまり、日足のOsMACD_Mは強気である状況では、平均足の陽転で買いエントリー、陰転で決済が破産確率0%のトレードである。売りエントリーは徹底して無視するのが正解。


安心のFXサービス「みんなのFX」

1時間足でも同じように、日足のOsMACD_Mは強気である状況では、平均足の陽転で買いエントリー、陰転で決済をやれば多少負けることがあっても、トータルでは相当な利益が出ているのが分かると思います。

現在も買いエントリー中、マネパで30pips利益で設定したら、利確してました。追い打ちはタブーなので、SBIと楽天の伸びに期待だけど。どちらも50pips利確設定。それよりも伸びるかも・・・。

日足のOsMACD_Mは強気である状況での『平均足の陽転で買いエントリー』はかなり儲かるので追いかけるべきです。また、これに逆らうのは破滅確率が格段に上がるので、売りエントリーしてた場合は即損切りしてください。


FXを始めるなら【DMM FX】!

3月第1週の今週は月曜日から金曜日までずっとOsMACD_Mのヒストグラムが強気でした。目付は買いエントリーにして、基本的には売りエントリーはしません。ウクライナ情勢のおかげで月曜日に飛んで落ちていても、OsMACD_Mのヒストグラムが強気なら目付は買いエントリーです。これを踏まえて4時間足できちんと平均足の陽転からエントリーします。


MATRIX TRADER

4時間足で安値右側で平均足が陽線になった時に買いエントリーし、高値が付いてMACD-2のヒストグラムが弱気になった時に決済、もしくは平均足が陰線になった時に決済します。また、矢印の所のように9MAを打ち抜いて戻ってきた場合、OsMACD_Mのヒストグラムが強気であることを確認して、1時間足で平均足が陽線になっていたら買いエントリーします。

1時間足でエントリーする場合、4時間足のMACD-2のヒストグラムが弱気であった場合に1時間足の平均足が陽転した場合に買いエントリーをすると負ける確率が大きくなります。


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

MACD-2のMACDラインとシグナルラインがデッドクロスしている場合の平均足の陽線の連続本数は平均3本以下、つまり、買いを入れて期待して待ってもそんなに伸びず、3~4時間後にはドカンと転落してくることが多いので、この場合破産確率が高いエントリーになります。特にストキャス(9・5・5)がデッドクロスして下降している左側の買いエントリーはほとんど損切りという結果に繋がります。

1時間足での破産確率が0%の買いエントリーは

1・MACD-2のヒストグラムが強気になっていて、ストキャス(9・5・5)がゴールデンクロス上昇中の平均足の陽転

2・OsMACD_Mのシグナルラインが上昇している時の平均足の陽転

ここはしっかりと認識していなければなりません。

1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

3月7日、4時間足のMACD-2のヒストグラムが弱気になっている時のストロングポイントで30PIPS利益を獲得。

条件1・日足のEMA9MAが強気上昇中である事。
条件2・4時間足のOsMACD_Mのヒストグラムが買いゾーンにある事。

この条件が揃っている状況下で、1時間足がMACD-2のヒストグラムとOsMACD_Mのヒストグラムが共に強気が続いていて、MACD-2のヒストグラムが買いゾーンに入ったところで買いエントリーする。このMACD-2のヒストグラムが強気で買いゾーンに入る時は買いの勢いが強い時なので、追いかければ破産確率は0%で、利益を積み上げられます。

利益確定後は、11時の4時間足確定後に、4時間足に高値が付いたので、ここから買いエントリーは出来ないので、エントリーを見送って現在次のチャンスを待っています。

安心のFXサービス「みんなのFX」

その後の3月第二週の流れです。日足は金曜日(3月4日)の時点でウィリアムズ%とモーメンタムが揃って下降中、陽線でこの形は反転下降を示唆していて、あの後3月7-8日にかけて下降してきました。

ただし、日足でEMA9MAが強気で上昇中なので、基本的には売りエントリーしない場所なので、2日間エントリーを見送りました。

FXを始めるなら【DMM FX】!

ただ、日足で高値が付いた陽線のウィリアムズ%とモーメンタムが揃って下降中という下降気配の中だったので、4時間足で売りの4点一致が出た場合には、売りエントリーを仕掛けて、4時間足のMACD-2が強気になるまでキープしてても良かったです。

その後は、4時間足の平均足が陽転したところできっちり買いエントリーして、平均足が陰線になったところで決済。再び買いの4点一致で買いエントリー、その後平均足が陰線にならず、キープしてEMA9MAとSMA9MAがデッドクロスして、高値が付いてMACD-2のヒストグラムが弱気の陰線が出た時点で決済しました。

まずまずの利益でした。


マトリックストレーダー

今週はちょっと甘くなりました。確実に勝てるところと意識するあまり、大チャンスを逃しました。

まずは日足から、11日の終盤に下降してくる予兆があったので、14日は様子見して、15日もほぼ様子見してしまいました。問題の16日朝の判断が甘い。日足においてEMA9MAは強気上昇中です。5MAと9MAの間も開いており、ここで陽・陰・陽の《追い越せなかった理論》が成立した場合はゴリゴリ伸びてきます。ここで買いを入れたのはいいが、少額でチキン利食いと全くなってない。

今月は絶対的なルールを固定するために、マニュアルを作っているので、検証が主な仕事になっているので甘くなってしまった。そして、水・木・金とゴリゴリ上昇したのだが、ここは買いの4点一致が続いたので、MACD-2のヒストグラムが強気の間はキープしておけばいいだけなのに、チキン利食い、恐がりながら再エントリーとか馬鹿なことをやってました。


100円から取引できる、あんしんFX【松井証券MATSUI FX】

基本的には4時間足で高値2が付いていた月曜日、4時間足の平均足が陰線になって、モーメンタムが0.00より下になれば売りエントリー、その後MACD-2のヒストグラムが弱気の間はキープ。MACD-2のヒストグラムが強気になったところで決済です。

火曜日夜から水曜日朝にかけて、ここは安値2が出ていて、すでにモーメンタムがMACD-2の0.00より上(買いゾーン)にあるので、平均足が陽線になれば買いエントリーします。あとは4時間足に高値が付いて、平均足がカラスになるか陰線になるまでキープです。

水曜日の朝に買いエントリーしておけば、金曜日まで持ちっぱなしでぼろ儲けでした。今は冷静にチャートを見ながら、トレードルールの微調整をしています。この調整したルール通りにトレードすれば。莫大な利益を生むことになります。楽しみです。何せ口座はFXとCFDを合わせて10個あるので、月に3万円の利益でも30万になるのでね。

ルール通りにやれば投資通貨単位の2.5倍~5倍の間で安定するので、FXやCFDでのトータルでの負けなど考える必要はありません。私の場合は負けた時のトラウマを消して、如何にルールを信じられるかが成功のカギを握っているのでしょうね。


FXはじめるなら【LIGHT FX】

ちょっと、ミスしたね。おかげでチャンスまで逃した。(TT)

まず、週明けに追い越せなかった理論が成立したので買いエントリー。で負けた。

原因1・モーメンタムが上昇していない陽線だった

原因2・MACD-2のヒストグラムが弱気の陽線だった。

特にMACD-2のヒストグラムが弱気の陽線だった場合は、負ける確率が非常に高い。ここのチェックを怠ったこと。

SMA5MAの下にロウソク足が落ちて、平均足が陰線になったので売りエントリーで、負けた。

原因1・強気上昇中のEMA9MAがすぐそこに有った。

売りエントリーするには、4時間足のEMA5MAがSMA9MAとデッドクロスしていて、EMA9MAが弱気になっていることが絶対条件。

買いエントリーを入れれなかった。

EMA9MA強気上昇中は日足では陽転=買い。4時間足では安値ポイントからの平均足の陽転で買いエントリー。特に日足のEMA9MAに当たるEMA54MAが強気の間は、4時間足では安値ポイントからの平均足の陽転で買いエントリー。を徹底すると大きな利益になる。

みんなのFX

日足は先週の陽転からずっとMACD-2のヒストグラムが強気の上昇トレンド中でした。これならね。高値が付いて平均足がカラスになるか、陰線になるまではキープです。というわけで、触らずにキープしている状態で、利益にしかなってないのに。なんだかな・・・。だったな。

職場のあほ女に腹立てて、冷静なエントリーが21日、22日とできなかったな。



カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です