コロナショックで大儲け、以降。新規参入者大量参加でカオス化。仕事で精神を削られ続けて、マイナス思考へ。負けることが快感になりルール無視。頑張らなければと焦ってさらにカオス化した相場で大幅利益を狙い。利確できず負けるまで引っ張る。

普通にルール通りにできれば勝ててた。まあ、もう、FXはAIが入って、短期足はめっちゃめちゃだし、ヘッジファンドが個人投資家のデータ吸い上げてやりたい放題。つまり、個人投資家が頑張ったら勝てない状態になっていると思う。そこで基本FXは手抜きする。ってか、頑張らずにトータルで勝てる方法をゆるゆるやる。勝敗なんか知らん。続けてれば利益になる。それでいい。


1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

単純な話、SOLAR WINDSというインジケータで、0.00の上に上がる矢印の所で買いエントリー、0.00の下に落ちた場所で売りを入れる。これを徹底する。基本これが0.00の上にある間は買いをキープすればよく、下にある場合は売りをキープすればよい。

5月7日朝現在、買いエントリーをキープ中です。


初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

5月10日、かなり伸びましたが、夜勤に出勤直後から暴落してくれました。帰宅後12000円の利益が600円になっていることを確認して、涙の決済。

対処法ですが、高値が付いた場合は4時間足を見ます。


3,000円のFX助言はじめました。【アイリンクインベストメント】

まずは、4時間足でSolarWindsのヒストグラムが弱気になれば買いエントリーを決済します。そして、高値に損切りを置いた売りエントリーを仕掛けます。4時間足でSolarWindsのヒストグラムが弱気になれば、数本分は弱気のままで下降を続けるので、その間はキープできます。

出勤時の対応としては、高値が付いているので、直前の18-21の陽線の安値に逆指値損切りを設定した買いエントリーに切り替えます。

この処置を怠った場合は大きく負けます。


新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック!【外為ジャパン】

今週は何かとSolarWindsに振り回されたというか、確認作業してたことになるかな。先週の6~7日に利益を取って、月曜日10日に大幅利益が出ていたので喜んでいたが、ニューヨーク市場が開いた時に反転下降していた。出勤中だったので利益が吹っ飛び、その後、日足のSolarWindsが強気だったので、4時間足のSolarWindsが弱気になっても売りに入らず見送ってしまい。慌てて売りを入れて爆死。

その後、ストキャス(9・5・5)がゴールデンクロス→上昇に向かい。4時間足のSolarWindsが強気になったので、買いエントリーして順調に上昇し、45Pips利益を獲得しました。

鍵を握るのは4時間足のSolarWindsですね。


「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス

ここ数日、SolarWindsを見ていましたが、ちょっと扱いにくいですね。現状売りエントリー不可の場所、買いエントリー不可の場所を特定するのに利用するのが一番です。で、やっぱり《追い越せなかった理論が》一番ですね。

例えば、上の4時間足で、例高値③の右側のここ数日の展開で、①のようにEMA9MA下降中に直前の陽線を越えずに反転し、陰線になれば売りです。MACD-2はデッドクロス中なので、平均足が陰線の間はキープ。安値がついて下のバンドに当たって、ロウソク足が陽転すれば決済です。その後、安値右側で分かり易く陽→陰→陽の陽線確定後に買いに入り、上のバンド付近の高値②の後のロウソク足の陰転で決済。

②は自動的に《追い越せなかった理論が》成立したので、陰線になれば売りです。下のバンド付近で安値がついて陰線が抱かれた時点で、安値の切り上げが発生するので決済します。この陰線が抱かれた時点でロウソク足が陽線ならばここで追い越せなかった理論が成立するので買いエントリーです。その後、上のバンド付近で高値が付いて、ロウソク足が陰転すれば決済です。売りエントリーに関してはSolarWindsが弱気になるところで平均足が陰線なら売りというスタイルにすると、ダマシを回避することが出来ます。

5月21日現在4:44分、かなり狙いが立てにくい場面です。


投資のプロが選ぶオススメの一冊

日足のSolarWindsは弱気継続中です。日足では矢印のように安値が切り下がって、追い越せなかった理論成立した18日の朝から売りエントリー中です。現在安値がついて5月20日が反転上昇中です。ただし、ロウソク足が陽線でも、MACD-2はデッドクロス中でヒストグラムが弱気、OsMACD_MもMA、ヒストグラム共に弱気です。売りをキープして反転下降を狙うのがベストですが、この安値とモーメンタムの上昇が胡散臭い。




その後、金曜日は下降して利益が出ました。月曜日、金曜日の高値に損切り設定した売りを仕掛けました。昨日、5月24日が陽線になりました。しかし、日足の高値3の右側なので、平均足が色変わりするまでもしくは、SHI_Silver TrendSigの反転シグナルが付いて、その後、ロウソク足が陽線になる以外は決済しません。OsMACD_Mも、MACD-2もヒストグラムは弱気です。当然キープで・・・。

この判断は間違いありませんでした。しかし、損切り地点まで引っ張って行って、損切り直後から急降下されてしまいました。ここで不幸にも損切りの瞬間を目にして、買いエントリーすると、見事にもう一度引き返してきました。見事な往復ビンタです。最近はトレンドが長続きせずに、行ったり来たりが多く、一般トレーダーが損切りを設定している場所を把握して、そこに当たれば急反転するプログラムが組まれているんじゃないかと思ってしまいます。 

それでも、追い越せなかった理論では負けないわけで、しっかり見据えてやらないと勝てません。


1000万円山分けキャンペーン中【LIGHT FX】

日足に安値が付いたときに4時間足を見て、SHI_Silver TrendSigの反転シグナルが付いた後で、ロウソク足もしくは平均足が陽転していて、SolarWindsが強気になっていれば、買いエントリーをし、反対側のSHI_Silver TrendSigの反転シグナルが付いたら決済するようにすればいいようです。

当然、日足のSolarWindsが弱気なので、高値圏でのSHI_Silver TrendSigの反転シグナルが付いた後で、ロウソク足もしくは平均足が陰転していて、SolarWindsが弱気になっていれば、売りエントリーをすればいいわけです。