ネセラ・ゲセラ・・、何だよそれ。グローバル金融リセット?グレート金融リセットとちがうのん?RVって自動車じゃないの?金本位制?通貨固定って、アホかFXが無くなるやんけ。

調べたら、ちょっと違う。急にFXがなくなることはないかな。けど、これ一本に絞るのは危険かもしれない。

新しい収入源の確率は必須になったな・・・。

今後、FXはごくごくシンプルにやります。残り2~5年と思って、確実に勝てるように、また、手間を省きます。

では、2月のトレードです。



現在、2月3日の1:00です。2月2日の日足が平均足の陰線になれば、

①MACD-2のヒストグラムが弱気、②OsMACD_Mのヒストグラム弱気

③OsMACD_MのMAが弱気、④モーメンタムが下降

というチェックポイントは現在クリアしています。2月2日の日足が確定した時点で⑤平均足の陰線が直前の平均足が低い位置まで伸びている。というチェックポイントをクリアしていたら売りエントリーです。


安心のFXサービス「みんなのFX」

その後、2月2日に陰線になり、条件を満たしたので売りエントリーして、2月2日の高値に損切りを置いて売りエントリーしました。当時2本前の日足に高値が有り、これが判断を狂わせました。2月3日日足は陽線になり、1・OsMACD_MのMAが強気になり、2・MACD-2のヒストグラムが強気、3・モーメンタムが上昇に転じる。という買いのサインが出ました。これは売りの決済サインでもあります。特にOsMACD_MのMAが強気になった場合は売りエントリーは絶望的だと言えます。ここでどんなに損害が出ていようが、軽微であろうが決済しなくては損害が拡大する一方になります。

しかし、2本前に高値があるため損切りポイントまでは・・・。と思いキープしてしまいあえなく損切りとなりました。損切りポイントを置いていなければ、2本の陽線をまともに食らって損切りという惨劇にまた直面する所でした。私のトレードの弱点は損切り出来ない事、大きな損害を食らったために、小さな利益では満足できなくなり持ちすぎてしまうことです。

これなんかはエントリーの2本あとの陽線で、転換線と青スパンが同時に上昇している強い買いのサインが出ています。少なくともここでは買いのエントリーをしていなくてはなりませんでした。色々と自信を失いグダグダになっているのを立て直さなくてはいけません。

エントリーはしばらく、

買いエントリー・パターン1

1・OsMACD_MのMAが強気になり、2・MACD-2のヒストグラムが強気、3・モーメンタムが上昇に転じる。という買いのサイン

買いエントリー・パターン2

転換線と青スパンが同時に上昇している強い買いのサイン

売りエントリー

転換線と青スパンが同時に上昇している強い買いのサイン

の3点に絞ってエントリーします。当然、エントリーチャンスが激減するので、他の通貨ペアも対象にします。

2月8日のエントリーはAUD・USDで行いました。




先週末の時点で目をつけて、モーメンタムの上昇、MACD-2ヒストグラムの強気、OsMACD_MのMAの強気上昇を確認したので、買いエントリーを入れて、このロウソク足の安値に損切りを設定しました。2月9日の日足が高値を付けて、4時間足の反転が確認できたのでこのトレードはここで終了にしました。利益は46~52pipsと6つの口座でバラバラでしたが、平均5000円としても30000円のアガリです。

FXなんて、勝てるところだけやればいいんです。