二月になりました。1月はかなり失敗しましたが。利益は大幅に確保できました。ただね。ルール通りにできた方が利益になるようですね。

最近はAIがかなり入っているので、1時間足より短い足だとどうも動き方がこれまでの常識からは逸脱しているようで、特に1~15分足をやってると、気を付けて勝てる期間の後に、全く意味不明な値動きに巻き込まれ、損失にイラついていると、少し値戻し→それ以上に損失拡大→少し値戻し→それ以上に損失拡大のループに入ります。人間の心理を突いた巧妙な誘いがいたるところに仕掛けられてて、惑わされずにやれ。というのは難しい状態です。

そういうAIが作るしつこい流れを日足で捉えるのが私のトレードです。




現在9MAトレードは1月18日にエントリーした売りエントリーが続行中です。今後は売りエントリーの決済条件

4時間足で
1・OsMACD_MのMAが強気上昇中
2・MACD-2のヒストグラムが強気
3・平均足が陽転
以上の3つの条件が揃うのを待って決済と、買いエントリーをします。


初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

2月4日に陽線になり、買いエントリーをしましたが、木曜日に伸び悩んでしまい利益がすっ飛んだので、利益があるうちに逃げました。

ここまでは、レンジ圏になってしまったあとどうするのか。それが問われる場面でした。その答えは追い越せなかった理論が教えてくれます。




日足で突如上昇、突如下降に見えた場所で、しっかりと『追い越せなかった理論』の成立から大きな動きになってます。注目すべきところはまず、日足に高値が付いた後、安値が付いた後で、4時間足でその後に『追い越せなかった理論』が成立するかどうかを見なければいけないことがはっきりしました。

そこで、9MAトレードの決済ルールに追加します。

売りの決済ルール3(絶対に決済しないと酷い損失になります)
3・日足で安値が付いた日に、4時間足でMACD-2のヒストグラムが強気の時に、追い越せなかった理論が成立している陽線が出ている場合、決済と買いエントリー

買いの決済ルール3(絶対に決済しないと酷い損失になります)
3・日足に高値が付いた日に、4時間足でMACD-2のヒストグラムが弱気の時に、追い越せなかった理論が成立している陰線が出ている場合、決済と売りエントリー

重要なのはMACD-2のヒストグラムで、買いエントリーはヒストグラムが強気で続いているときに『追い越せなかった理論』が成立する事。売りエントリーはヒストグラムが弱気が続いているときに『追い越せなかった理論』が成立する事が重要になります。

レンジ圏で猛威を振るう追い越せなかった理論

2月11日、下降トレンドの後のレンジ圏に入って、追い越せなかった理論が猛威を振るっています。以下のチャートを見てもらえばわかるように、反転にはほとんど『追い越せなかった理論』が絡んでいます。




捉えきれなかった最初のふたつは解説しました。その後、2月1日に①が発生、買いエントリーをし、高値を付けて反転をはじめたらあっさり諦めて決済し、利益を確定しました。MACD-2のMACDラインとシグナルラインがデッドクロス中の上昇は、大体2本か3本で終わってしまう。そのため2本目の陽線で、15分足で下降の兆しが見えたところでカットしました。

その後②で切り下がった高値の後に陰線が確定して、『追い越せなかった理論』が成立するので売りエントリー、この下降はOsMACD_MのMAが強気上昇中なのでそんなに続かない。注目すべきはEMA5MAが陰線の実体のどこを通るか。実体の左側面から通っている場合は売り継続、実体上部のヒゲ、もしくはヒゲより画面右側の上部を通る場合は反転の可能性が非常に高いので、3本目が引っかかって、ここで決済。

③で案の定陽線になり『追い越せなかった理論』が成立。買いエントリーして、今度こそ上昇トレンドへ・・・・。とやっぱり3本目の後で打ち返されたので、高値の後の陰線で決済。ここは高値が切り上がっているので『追い越せなかった理論』が成立しているとは見ないで、売りエントリーはしませんでした。


ゆたか証券 ディーラー
待望のEMA9MAとSMA9MAゴールデンクロス中のEMA9MA打ち抜きが発生です。喜び勇んで、いざ、買いエントリー勝負です。週末までガンガン上昇してほしいものです。まあ、この状態になるとAIがネチネチネチネチ、誘いをかけては引っ張り上げ、というのを繰り返してくるので、放置してれば押し上げてくれるでしょう。

どんだけ稼げるか・・・・。楽しみだわ。


武漢肺炎に負けた・・・。すぐに引き返す。ああ、もう、やってられない。でも、ここで冷静に追い越せなかった理論を使って勝負をしていれば、はっきり言って楽勝なのよ。

ところが、スキャルピングしちゃって、30000円とかしてやったぜ!!久々に負けたわ。

正解は追い越せなかったが成立した2月13日の大きなたくり線で、買いの決済と売りエントリーします。その後EMA9MAを越せずにいたので売りをキープします。2月14日の最後の4時間足で、反転マークがついたので決済します。これだけレンジの状況が続いているときは、週を越してキープするのはオススメしません。私は売りを決済して、陽線の始値に逆指値売りを仕掛けて寝ました。

週明け、この状態だと追い越せなかった理論の成立を待ちます。ただ、高値1からの陰線が小さすぎてはらみの陰線だったので、次のロウソク足の動きを待ち、はらみ落としの状態を待って売りエントリーしました。そして安値がついて、はらみの陽線が確定したところで、売りエントリー決済と買いエントリーをしました。その後EMA9MAに接触する所まで上昇したところで利益確定しました。

セコセと4時間足で稼いでいますが、日足で儲かる状態にならないと大儲けにはなりませんね。我慢です。

その後、レンジ圏でのエントリーポイントを整理していました。ロウソク足のチャートにMA_BBandsとSignalsの反転の矢印だけを表示させて反転マークとすると、以下のようなエントリーポイントが浮かび上がりました。




4時間足売りのポイント

①反転マークの付いた陽線の始値に逆指値売りエントリー

②⑤追い越せなかった理論が成立する陰線の後で売りエントリー

4時間足買いのポイント

③追い越せなかった理論が成立する陽線の後で買いエントリー

④反転マークの付いた陰線のあとで、陽線になったら買いエントリー

*反転ポイント*

MA_BBandsとSignalsの反転マークの矢印だけを残して表示させたもの。
次に1時間足

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫
 

1時間足のエントリーポイント
売りのポイント

①追い越せなかった理論の成立する陰線の後売りエントリー

②反転マークの後の陰線に売りエントリー

買いのポイント

③反転マークの後の陽線で買いエントリー

④反転マークの付いた陽線の後で買いエントリー

⑤追い越せなかった理論が成立する陽線の後で買いエントリー

以上のポイントからエントリーを徹底するだけで大きな利益を取ることが出来るようになります。これが分かれば、どんな状況になっても毎月安定した結果を出すことが出来るようになります。因みに日足も同じ方法で狙うことが出来ます。